顧客体験&従業員 満足度向上ソリューション

HappyOrNot® (ハッピーオアノット)

従来型のアンケートと比べて圧倒的に多くの回答率を得ることが可能です。
時間帯別、部門別の満足度をリアルタイムに計測し、業務改善に繋げます。
一日の来場者が100名以上の店舗・施設運営者様におすすめです。

世界中の企業がHappyOrNotを導入

世界135ヶ国、約4,000社の企業がHappyOrNot顧客満足度向上ソリューションを選んでいます。

HappyOrNotは顧客体験(CX)から得られるフィードバックを正しく受け取り、
顧客と企業との関係性を改善するための重要なツールとなっています。
社員満足度(ES)調査やNPS(ネットプロモータースコア)計測ツールとしてもご利用いただいています。

HappyOrNotの仕組み

1. 現場の顧客体験(CX)を計測

お客様との全接点でCXをリアルタイムに計測。4段階評価を回収。

2. データの分析と共有

パフォーマンスを継続的に分析、課題を可視化。社内で情報共有。

3. 業務を改善する

データをもとに業務改善。顧客体験(CX)数値を検証可能なKPIに。

スマイリーターミナル™

スマイリーターミナルという専用端末は、従来のアンケートでは実現しえなかった圧倒的多数の顧客を対象に即時の回答・反応を得るために開発されました。
この端末を用いて、顧客体験データを継続的に収集します。電源、Wifi不要でどこにでも設置可能。質問を設定するだけで、ぐに回答の収集を開始できます。

顧客や従業員は4段階のスマイリーボタンを押すことで質問に答えます。集計結果はセキュアネットワーク経由でサーバーに蓄積、ブラウザを使ってスマホ・タブレット・PC等で閲覧することが可能です。

2016_HON_icons_200 copy 5

電源不要・ワイヤレス接続

3年以上動作する電池と、ワイヤレスでモバイル回線(3G)に繋がるsimを内臓。電源、Wifi不要で屋内どこにでも設置可能。

2016_HON_icons_200 copy 4

抗ウイルス保護フィルム

今回採用されたPUREZONE®は99.99%の細菌・ウイルスに対して有効です。(ISO 22196規格に準拠)高度な衛生管理が必要な場所での使用に適しています。

スタッフの接客対応に
好感を持てましたか?

Happy Or Not 導入事例

アパレル・スポーツ用品店(XXL)での活用例

顧客体験を重視しているXXLは、北欧地域で最も急速に成長しているアパレル・スポーツ用品の小売企業です。

XXL では、パンデミックに合わせてデジタル戦略を進めています。注文確認時のスマイリーデジタルを用いたポップアップ調査では、80万人以上の顧客から貴重なフィードバックがあり、97% という非常に高い満足度スコアが得られました。こうした高い満足度が得られている中でも、XXL は HappyOrNot のデータを利用して、3% の「不満​​がある顧客」の原因を正確に特定し、すでに低いパーセンテージを更に減らすための取り組みを行なっています。

町田薬師池公園 西園での活用例

日本コンベンションサービスでは公園の指定管理業務を通じて、行政と市民をつなぐ架け橋となる活動を続けています。この活動は市民の声に寄り添うことからはじまります。

「HappyOrNotと従来のアンケート方法を比較すると、約100倍の回答数が集まります。何より時間別・曜日別の集計がひと目でわかります。忙しい時間帯にこそ、市民の真のニーズが隠れています。その声を吸い上げることができるのは非常に大きいです。」と木村氏は言います。

家電量販店(Elkjøp)での活用例

家電小売業者のElkjøpでは、オンラインストア、実店舗、電話・チャットのサポートセンターなど、オムニチャネルでカスタマーエクスペリエンス戦略を構築しています。

顧客の意見がリアルタイムで収集されることで、迅速に課題を解決することが可能になり、全体的なショッピング体験を向上させられます。 ElkjøpではHappyOrNotを使用して、ウェブストアでも顧客の声を直接聞くことができます。スマイリーデジタルのデータで、日々の顧客体験を向上させています。

資料請求・お問い合わせ

Happy Or Notへのご質問または導入をご検討される方は、こちらからお問い合わせください。