フォーブス: リモートワーク中こそ従業員の気持ちを把握する必要があります

HappyOrNot創業者のHeikki Väänänenによるこちらのフォーブス誌の最新記事では、緊急事態宣言中に企業が従業員の健康状態をモニタリングすることの重要性について取り上げています。私たちは今、世界規模のリモートワーク体験の真っ只中にあり、一部の人々はこの動きを歓迎している一方で、他の人々にとってはこの新しい環境での仕事への移行はそれほど簡単にはいっていないようです。このリモートワークへの急激な移行は、色々な準備をする期間もなく始まったため、多くの人を困惑させたことでしょう。現状未だ過渡期にあるといえますが、緊急事態宣言解除後も引き続き感染症予防のために全部また一部の業務をリモートで行うと発表している企業が増えており、今後迎えるAfterコロナの仕事、働き方は劇的に変化していくと思われます。

各企業の人事部門は従業員のエンゲージメントと幸福度を定期的に把握するために、これまで以上に積極的な働きかけを行う必要があります。対面による従業員との面談等は今は実施が困難かもしれませんが、このような時期だからこそ従業員個々人が問題を抱えていないかどうかを知ることが一層重要になり、社員のウェルビーイングを最優先事項にしなければなりません。

HappyOrNotでは、世界中の人事部門が直面している困難を理解しており、私たちは弊社のお客様の人事部門のチームの一員として、従業員からの重要なフィードバックを収集するお手伝いさせていただきます。弊社の人事サービスの詳細については、こちらをご覧ください。

従業員の気持ちを瞬時に把握し、問題が大きくなる前に早期に解決したい、オープンなコミュニケーション文化を作りたい、ビジネスを改善したいとお考えの方は、ぜひ弊社までご相談ください。

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn
Share on email
Email
Share on print
Print

資料請求・お問い合わせ

Happy Or Notへのご質問または導入をご検討される方は、こちらからお問い合わせください。