導入事例

家電量販店

家電量販店(Elkjøp)での活用例

家電小売業者のElkjøpでは、オンラインストア、実店舗、電話・チャットのサポートセンターなど、オムニチャネルでカスタマーエクスペリエンス戦略を構築しています。

顧客の意見がリアルタイムで収集されることで、迅速に課題を解決することが可能になり、全体的なショッピング体験を向上させられます。 ElkjøpではHappyOrNotを使用して、ウェブストアでも顧客の声を直接聞くことができます。スマイリーデジタルのデータで、日々の顧客体験を向上させています。

続きを読む »
スキー場

スキー場(グランスノー奥伊吹)での活用例

滋賀県米原市を拠点とする奥伊吹観光は、冬はスキー場検索ランキング1位の「グランスノー奥伊吹(旧称:奥伊吹スキー場)」、夏はグランピング施設「グランエレメント」を運営しています。水力発電所を自社で持ち、環境問題にも第一線で取り組んでいます。

HappyOrNotで低価格・気軽にアンケート調査ができ、新たなチャレンジや新しいサービスを始めたとき、お客様の評価が一目瞭然になりました。

続きを読む »
靴小売店

靴小売チェーン店(Shoe Station)での活用例

Shoe Stationは、アメリカ最大の靴小売業者の1つであり、南東部の5つの州に21の店舗があります。500人を雇用し、オンライン販売及び700坪の敷地面積があるセルフサービスの店舗で、数百万の顧客へサービスを提供しています。

数ヶ月間で、期待を上回る111,000もの回答がありました。分析結果やアイデアを共有し、継続的な「回答と改善」のループを促進しています。結果的に、Shoe Stationの満足度は14%向上しました。

続きを読む »
医療機関

病院(Cure 4 The Kids)での活用例

Cure 4 The Kidsは、ネバダ州で唯一の小児がん治療センターであり、重病を患った子供たちのための施設です。信頼性・効率性・即応性の高いチームで継続的な品質改善を行い、保険や資金に関係なく子供たちを救う、というビジョンを持つ非営利団体です。

HappyOrNotを使用することで、Cure 4 The Kidsは患者の体験に関する質問をし、その場で回答を得ることが可能になりました。得られたデータにより、待ち時間、受付の手順、スタッフの案内などを深く掘り下げられるようになりました。

続きを読む »
スタジアム

スタジアム(サンフランシスコ49ers )での活用例

アメリカンフットボールチームのサンフランシスコ49ersは、1試合ごとにスタジアムに来場する68,500人のファン全員が良い体験をし、また何度も足を運んでくれるようにデータを収集しています。

2017年にスマイリーターミナルを最初に導入した後、ジャワイドと49ersのバックオフィスはすぐにリアルタイムデータの価値と、HappyOrNotチームの創造性と柔軟性に気付きました。

続きを読む »
建設会社

人事部(ミルハウス・エンジニアリング&コンストラクション)での活用例

ミルハウス・エンジニアリング&コンストラクション社はシカゴに本社を置くエンジニアリング&建築会社で、従業員の満足度向上と人事サービス改善のためにHappyOrNotサービスを活用しています。

「HappyOrNotのおかげで、自分たちが今どんな状態にいるのかを真に把握し、今まで足りなかった部分を改善することができるようになりました。私たちの部署に対する従業員の見方が変わり、彼らに対しより良いサービスを提供できるようになりました。大きな変化です」と、ミルハウス社の人事マネージャー、メラニー・ミルハウス氏は言います。

続きを読む »
医療機関

病院(カーディフ・アンド・ベール大学保健局)での活用例

カーディフ・アンド・ベール大学保健局は、英国で最大のNHS(国民保健サービス)組織の1つです。患者の視点から健康・福祉サービスを理解し、より良いケアを提供することを目的として2017年4月にHappyOrNotを導入しました。

紙ベースの調査とは異なり、HappyOrNotでは多くの患者から直ちに匿名の回答を得ることができます。カーディフ・アンド・ベールは、問題箇所の改善にリソースを集中させることができるようになりました。

続きを読む »
ゴルフ場

ゴルフ練習場(ガーデン藤ヶ谷ゴルフレンジ)での活用例

千葉県柏市にあるゴルフ練習場のガーデン藤ヶ谷ゴルフレンジでは、お客様一人ひとりに最良のサービスを提供することを目指しています。以前から顧客満足度向上の目的で紙を使ったアンケート調査を行っていましたが、思うような回答数や成果が得られず、アンケートから有益なデータを取ることが困難でした。

偏りなく、そしてより多くのお客様からリアルタイムに意見を聞くために同社はHappyOrNotを導入しました。HappyOrNotを導入することでこれまでの紙のアンケート調査では実現が難しかった「曜日」「時間帯」「日付」別にお客様の声を集計・分析することができるようになりました。

続きを読む »
自治体

地域コミュニティ(ダウンタウン・サンタモニカ)での活用例

ダウンタウン・サンタモニカ株式会社(DTSM)は、民間の501c(3)非営利組織です。サンタモニカ市と協力し、サンタモニカのダウンタウンでのサービスと運営を管理し、経済の安定と成長、地域社会の生活を支えています。

DTSMは、コミュニティの関与を増やし、市民の満足度を数値で評価することで予算や計画に活かすため、HappyOrNotに注目しました。数週間のうちに、組織はコミュニティの意見の計測を開始し、その結果からパークレット(一時的な路上駐車スペース)の場所を変更しました。

続きを読む »
レストラン

BBQレストラン(ソルト+スモーク)での活用例

セントルイスに拠点を置くソルト+スモーク(BBQ、バーボン、ビール)は、2014年に創業しました。顧客の良いレビューや長い行列を見る限り、ビジネスは成功を収めているように見えましたが、顧客サービスのKPIの確立と実証を役員たちから依頼されて、ソルト+スモーク(S + S)はHappyOrNotを選びました。数週間のうちに、この成長を続けるBBQチェーンは、旗艦店において実用的な顧客満足度データの計測を開始しました。

続きを読む »