医療業界へのご提案

クリニック・公共病院・大学病院・臨床心理ケア施設・ホスピタルサービス・心理療法・歯科医院・獣医院・血液センター・メディカルセンター・ホスピス病院・介護施設・介護食宅配業・サービス付き高齢者向け住宅

PX(患者経験価値)の改善で顧客満足度を高める

超高齢化社会が到来し医療に対するニーズが高まる一方で、医療者不足や財政の逼迫が問題となっています。このような時代だからこそ、医療業界の経営者は患者経験価値(PX)の改善を図り、顧客満足度を向上させる必要があるのではないでしょうか。
現代では医療提供者を選ぶ際に、患者はインターネットや口コミなどでその医療機関の情報を容易に知ることができます。既存の患者を保持しつつ新しい患者を得るためには、医療者や従業員によるパフォーマンスを向上させ、医療管理システムやサービスの品質に投資し、患者からの信頼度を高めることが必要です。

HappyOrNotは、その匿名性・簡易性から多くのお客様から高い回答率を得ており、地域医療の改善に貢献します。

地域医療に係わるステークホルダー(都道府県・市町村の行政関係者、保険者、患者、地域住民、地域医療機関、取引先企業、大学、病院職員など)に病院環境改善の積極的な参加を促し、その意見を反映させたPDCAサイクルを適切に運用することで医療計画の実効性を向上させます。収集されたデータは翌日自動的に編集され、より分かりやすい形でのレポートとなって確認ができます。このレポートをステークホルダー間で共有し、常に閲覧可能な体制を整えることも可能です。

また、患者からのフィードバックをHappyOrNotを介して受け取ることで、医療事務や医療従事者の苦情による業務ストレスを軽減させることも期待できます。
0

1日のフィードバック件数

87%

Happyな利用者

13%

Unhappyな利用者

患者の顧客体験を可視化する

HappyOrNotは毎日・毎時間のデータを集計し、簡単に比較することができます。集計されたデータのレポート結果は一目で理解できるように工夫されているため、スタッフ間での共有も簡単に行えます。 さらに、HappyOrNotは世界中のサービス業界から取得したデータをもとに、業界平均などのベンチマークを所有しているため、世界の同業種企業と比べ、自社がどの位置にいるのかを一目で判断し、比較することが可能となっています。

HappyOrNotを導入し医療組織の改善を図る

患者のパーセプションに応じて改善を図り顧客満足度を向上させる

HappyOrNot(PX調査ツール)を各所に配置することで、患者のパーセプションや顧客体験をリアルタイムで把握することができます。レスポンスの価値を高め、改善を容易にし、顧客満足度を向上させることが可能です。

人材配置の最適化

HappyOrNotは、各測定ポイントで患者満足度の変動をキャプチャし、随時必要な場所にスタッフを配置することができます。 従業員は、最善のサービスを提供するために最も重要なタスクに集中することができます。

医療サービスの質を検証する

データ分析は品質保証報告ツールとして機能し、サービス改善への取り組みによる成功は患者の満足度の上昇によって実証し、検証することができます。

導入事例(Hannam Fertility Centre)

患者満足度を高めることでブランディンに成功、不妊治療サービスの販売の上昇に繋がりました

“HappyOrNotの導入で、この調査ツールが従業員の行動を形作っているのを目の当たりにしました。HappyOrNotが当センターの利用者へ「本日の従業員の対応はいかがでしたか?」「あなたの家族や友人に当センターをお勧めしたいですか?」と尋ねることで、従業員たちは利用者が緑色のボタン(Happy)を押してくれるような対応や振舞いを心がけるようになったのです。”

– “Colleen Taylor(コリーン・テイラー)氏、Hannam Fertility Centre(ハンナム不妊治療センター)、副社長

お客様に対しても満足度を高めましょう

顧客満足度の経験を向上させる方法については、以下の各業界への提案を参照ください

資料請求・お問い合わせ

フォームに記入するだけで、営業担当者がお客様のご質問にすべてお答えし、
HappyOrNotを導入することができます。