Zero Cater(ケータリング会社ゼロケーター社)の成功例

“もしあなたが顧客体験について関心があり、リアルタイムのデータを求め、貴社の製品やサービスをお客様がどのように体験しているかを知りたいのであれば、HappyOrNotのようなシステムを導入すべきです。”
– Arvind Stokes(アルヴィン・ストークス)氏 – ZeroCater社 – VP

ZeroCater社、企業のケータリングとスナック提供サービスにおいて、顧客からの即時フィードバックを届ける

オフィスのケータリング業界では美味しくて早くて注文通りの食事をお届けするために、最先端の技術、高度なコミュニケーション、最高の食材を提供してくれるパートナーネットワーク、および専門家のチームが必要です。ZeroCater 社は、クライアント企業が人材を採用し、育て、生産性を向上するための重要なパーツとしてフードサービスを提供しています。食材と技術の橋渡しをすることで、同社は企業向けケータリングサービスのリーダーとなっています。シリコンバレーで最も急成長しているZeroCaterは、データ駆動型の顧客サービスを提供する為に、クライアント企業で働く社員からフィードバック得る手段としてHappyOrNot を利用しています。

HappyOrNotのスマイリーターミナル™は、シンプルなツールではありますが、貴重なフィードバックを収集します。
ZeroCaterは、社員食堂や休憩室など、最も高い回答率を得られる場所にスマイリーターミナル™を戦略的に配置しています。
大量の顧客が集まる場所に配置することで、多くのデータを簡単に収集することができます。

ZeroCater

顧客目線によるサービス品質管理

継続的な成功を維持するために、ZeroCaterは顧客がサービスについて実際にどう思っているかを知る必要がありました。HappyOrNot を導入することで ZeroCater は現場で食事を体験された社員から即座に、そして直接的に回答を収集することができいるようになりました。同社の顧客エンゲージメントと回答率は、以前に採用していた独自のシステムに比べて400%向上しました。

ZeroCaterの各顧客担当責任者は、クライアント企業と良好な関係を築く責任があり、その中で毎日HappyOrNotから寄せられるデータを頼りに毎日サービス品質とクライアントの満足度の傾向をモニタリングしています。上層部は全てのクライアント企業間でデータを比較し、解約を防いでいます。また仕入れ担当チームは、仕入れ業者のパフォーマンスを評価するためにもデータを使用します。

スマイリーターミナル™はCX測定以外でも利用されています

ZeroCaterの本社内にも、スマイリーターミナル™が設置されています。1台は廊下に設置されており、従業員満足度(EX)を測るために使用されています。もう1台は本社内のキッチンに置かれ、新しいベンダーやメニューがクライアントにリリースされる前のテスト時、食事を評価するために使用されています。

導入企業について

Zero Cater社に関して

ZeroCater社は、企業があらゆる場面にも対応でき、容易なプランニングと注文が可能なケータイリングサービスを提供しています。 TPOや食事の好みに合わせてカスタマイズされた、スナック、飲み物、台所用品など、様々な地元のレストラン等の食事を提供することを専門にしています。 ZeroCater社は現在、サンフランシスコ、ニューヨークシティ、ロサンゼルス、オースティン、ワシントンDC、シカゴに拠点を置いています。 詳細については、www.zerocater.comをご覧ください。

ゼロケーター社
Photo: ZeroCater社のFacebookページより

導入で得られたメリット

顧客エンゲージメントと回答率が400%向上!

  • 業務委託先業者のサービス管理
  • 全クライアントに対するサービス品質の比較
  • 提供される食事の品質に関する継続的な満足度調査
  • 顧客のエンゲージメントと回答率の大幅な向上
ゼロケーター社
Photo: ZeroCater社のFacebookページより

顧客ニーズに答えるソリューションをパートナー会社と共有する

ZeroCaterのCEO、Arram Sabeti(アルラム・サベティ)氏は、次のように述べています。
「ZeroCaterでは、顧客経験は当社の事業にとって必要不可欠であり重要です。
経験を改善し続けるためにフィードバックにアクセスすることが重要です。
そこで、我々はこれらのニーズに答えるソリューションを探しました。」

パートナーであるレストラン会社の業績動向を含むフィードバックは、各会社のアカウントマネージャーと当社のベンダーチームによって共有・分析されています。

ZeroCaterのVPであるArvind Stokes(アルヴィン・ストークス)氏は次のように述べています。
「HappyOrNotはデータをすばやく収集してより多くの顧客にアプローチできるツールを提供してくれました。」

顧客からのリアルタイムデータを入手し、顧客の洞察力を高めることで、より優れた顧客体験を提供することが可能になりました。

ゼロケーター社
Photo: ZeroCater社のFacebookページより

継続的に更新されたフィードバックデータが重要な理由

ZeroCaterは全国のオフィスで従業員の食事やスナック提供サービスを調整し、レストラン、食品トラック、ケータリング業者の広範なネットワークを管理しています。ZeroCaterのベンダーチームは、このネットワークを効率的に管理し、高いレベルのサービスを確実に提供するために、HappyOrNotの瞬時の顧客フィードバックデータを利用してサービスのパフォーマンス傾向を監視し、瞬間を突き止めます。これにより、ZeroCaterは、より厳密な時間枠で、より高い精度でサービスレベルの問題を解決することができます。

「ZeroCaterは、最良のサービスを常に確実に提供するために、顧客がサービスをどのように経験したかを知り、そのフィードバックを使用する必要があると考えました。
私たちのチームはHappyOrNotの匿名で使いやすいスマイリーターミナル™とレポーティングサービスを活用して、大量のクライアントからのフィードバックを得、データに迅速にアクセスして監視できる方法として、HappyOrNotを選びました。」

HappyOrNot社に関して

HappyOrNot社は、HeikkiVäänänen氏とVille Levaniemi氏によって2009年にフィンランドで設立されました。
顧客満足度および従業員満足度の世界的リーダーでありパイオニアであるHappyOrNotの革新的なフィードバック収集とインテリジェンレポーティング(データ分析)サービスは、顧客体験、関係性、従業員関与の向上を支援します。
Microsoft社、McDonald’s社、ロンドンのヒースロー空港、LinkedIn、IKEAなど、世界の多くの企業がCX・EXの向上のためにHappyOrNot導入しています。
117カ国におよぶ4,000社以上の企業にサービスを提供し、累計フィードバック数は6億件を超えています。
世界の大手企業・急成長企業に利用されているHappyOrNotの製品情報についてはこちらをご覧ください。
HappyOrNot製品情報

資料請求・お問い合わせ

Happy Or Notへのご質問または導入をご検討される方は、こちらからお問い合わせください。